大切な人を送るお葬式だからさいじネットは読経・戒名入れを必ず行う葬儀プラン

さいじネットが戒名を大切にする理由

 

戒名の考え方

本来戒名や法名というものは仏教徒である証として菩提寺から授与されるものです。
従って、亡くなってから授与されるのは遅ればせながらという事です。

 

ご要望があればさいじの協力寺院から生前戒名をもらえますが仏式で葬儀を施行するならば戒名が無ければ本来施行できません。

しかし、戒名料が高いから俗名で仏式の葬儀を施行するという変な風習が出来てしまったのです。

現代において仏式の葬儀は90%以上という日本の葬儀の現状を考慮するならば伝統に則り戒名を授与してもらい

正式な仏式の葬儀を施行すべきです。

 

戒名の実情

戒名が大切だと言っても、実際のお葬式の際に「戒名入れはどれくらいのお金がかかるのだろうか」という心配の声をよく聞きます。

最近、世の中ではコストダウンを大きく掲げた葬儀プランがインターネットに多く存在しますが、実際に戒名の価格は含まれていないことが多いのが実情です。

これは、実際のお葬式の際に「うちは不要です」とお考えの方が増えている理由もあるのですが、実際に戒名入れを行う人の数は現実的に減っていることは少ないのです。

これは、生前にお墓のことを考えておられる方が多いこともありますし、実際に親や近親者が亡くなった際には「やはり戒名をお願いしてしっかりと葬儀を行おう」という声が多いことも理由に挙げられます。

 

実際、自分の身内の方が亡くなった際の事を考えるとどうでしょう。

 

不必要なお金をかけ、大がかりなお葬式にする必要は私も無いと思いますが、実際には「お金をかけなくても大事に送りたい」と思うのではないでしょうか。

 

戒名の実勢価格を記載するのも気が引けるものですが、実際には下記のようなデータがあります。

 

各宗派の御布施一例(単位:万円)
宗派
信士・信女
居士・大姉
院信士・院信女
院居士・院大姉
真言宗
30~50 50~70 80~ 100~
浄土宗
30~40 50~60 70~  
臨済宗
30~50 50~80    100~
曹洞宗
  50~70   100~

日蓮宗

    30~50 100~
浄土真宗 
釋○○
20~
○院釋○
50~
   

 

上記のように、実際の葬儀料金に戒名のお布施が別途必要となると、規模を小さくしたお葬式としても実際の金額は結構な金額に達する事が多いのです。

 

この戒名の実情と、戒名の必要性を鑑み、どのようなお葬式プランが実際に必要とされているのかをさいじネットでは真剣に検討を重ねました。

そして、関東地区で葬儀を行っておられる葬儀社様や各宗派の僧侶様と幾度も打ち合わせを重ね、戒名入れ・読経・葬儀料金を含んだワンプライス料金設定を

はじめてさいじネットでは実現させるに至ったのです。

 

この自身の経験から考えたさいじネットのお葬式プランは、必要最低限な事柄を真剣に考え、そして亡くなられた故人及びその身内・近親者の皆様のことを想う気持ちから生まれた画期的な「本当のワンプライス料金」なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

故人を大切にしたいからさいじネットは新しい葬儀プランをご提案します